レモン発電所

檸檬は退屈な世を破壊する爆弾也

なぜ日本人は落合博満が嫌いか?

 

f:id:Ginger_werk:20180822195831j:plain

燃えよドラゴンズ!

 

 

私は名古屋出身で、全盛期と呼ばれる落合政権時代の中日を球場で見ていた世代です。また野球から興味を失って久しいですが、当時は本当に熱狂していた様な気がします。アライバコンビに福留、和田、ウッズ、川上なんかは今でも強烈に印象に残っていて、サインもいまだに飾っているくらいです。何故当時あれだけハマっていたかというと、ひとえに言って強かったの一言に尽きると思います。

 

 

小学生の身からしたら仕方の無い事ではありますが、監督の事など選手に比べ注目していなかったです。しかし、いつも不思議に思っていたのが、何故みんな落合監督の事が嫌いなのだろうか?という事です。

 

 

本タイトルは、同名の本をテリー伊藤氏が書いていたのを図書館で見かけ、懐かしさの余り書いてしまった次第であります。因みに私はテリー氏はあまり好きではありません。

 

 

それは置いておきまして、まず監督時代の成績ですが、日本一1回、リーグ優勝4回、2位3回、3位1回です。監督として文句無しの成績と言えるでしょう。

 

 

素晴らしい成績を収めているのに何故嫌われているか?

当時私の周りにも落合嫌いは大勢いました。必ず取り上げられるのが、2007年日シリにおける完全試合目前の継投でしょう。この点においては私もややどうかと感じますが、落合監督の「あそこで負けるわけにはいかなかった。自分が最善と思う采配をしたまでだ。」という言い分も分からないわけではありません。

テリー氏はこう分析します。落合は勝つ事以外のファンサービスの軽視、マスコミ冷遇による偏重記事。そして一番大きな点として日本人の幼稚化を挙げています。

 

 

テリー氏の言う幼稚化とはどの様なことかというと、食べ物はコンビニとハンバーガー、洋服は20を過ぎても10代と変わらずファストファッションで揃える。音楽も映画も小説も漫画も説明的でわかりやすいものが求められていく。話題になれば皆が食いつき自分の頭で良し悪しを区別することを避けて生きている。

そんな中、落合監督は、群れず、媚びず、黙って信念を貫く。不気味なほど寡黙に勝負して勝つ。

山井の采配や、WBCへの派遣問題、選手のトレードに関してもそうですが、兎に角本人が良いと思った事を断行する。そしてそこに説明は無い。この分かりにくい態度こそ一番の理由で、真意を汲み取ることの出来ない日本人の幼稚さを大きく取り上げています。

パスカルがパンセの中で謳った事は今や昔。。。

 

 

上記の批評は手放しに賛成するものでもありませんが、現に日本人という集団の中では落合監督は評価されない。いや出来ない。この点は大きな問題かと思います。

 

 

古き良き日本の迸るパワーを現代日本は熱苦しいだとか、古臭いだとか一顧もせず切り捨てる風潮が存在する気がします。私はまだ若いです。古き良き日本像は伝え聞いたものでしかありません。ですが、私は日本人が阿呆になっているのは間違いないと確信を持って言えます。情報化の時代にあって目立たなかった阿呆が目立つ様になったというのも勿論あると思います。

 

 

話は飛躍しますが、日本人は戦前と聞くと、正当な判断を下せないことも多いかもしれません。しかし偉大なる国家の一つであったと言う事実は変わりません。当時の国際社会全体で現代的価値観に立つと間違った風潮も見受けられることは間違いありませんが。見直せる部分は見直すべきかと思います。

このままでは日本人は大切な何かを失うこととなるでしょう。。。

 

 

この間のW杯ポーランド戦の的外れで、無知なパス回し批判に通ずるものがあると感じます。日本人の性格の変化は自分の感じるところでもあります。

また現中日の体たらく落合元監督は何を思っているのでしょうか。。。