レモン発電所

檸檬は退屈な世を破壊する爆弾也

愚かしい民意優先派、外国礼賛主義者が増えつつある日本を憂いて

f:id:Ginger_werk:20180915055455j:plain

<オリンピックを控えた東京渋谷スペイン坂上辺り>

 

 

現代は個人の発信が容易になったことによって、現実社会じゃまたとお目に掛かれないような愚かしい発言をよく目にします。

Twitter、5ちゃんねるなどが顕著な例ですが、そういった匿名性を傘にきた発言を国会で大真面目に取り上げる阿保も現れる始末です。。。

そんな物を取り上げるのは、論文を書くときにWikipediaを参照するが如く愚かしいことです。

表面上は正しい様に見える、その実軽薄な発言を深く考えもせずあたかも自分が考えたかの様に同調する衆愚。大変に目に余ります。

 

 

本題についてですが、健全に社会を維持するために公共の利益の重視が大切であるということは多くの方が同意するところかと思います。

なぜなら人間は社会を築くことでしか生活できないからです。

公共の利益を重視するという点で世界各国は共通の目標を持っているのですが、政体ごとに実現する手段というのは、異なるという点が面白いです。

民主制、貴族制、王政などもそうですが、ここでは個人の手段について書きたいと思います。

 

 

大別して二つ。

第一は、主題にもある様に民意優先派です。主権国民であるから、国民の意を反映させながら公共に利益を達成するべきである。と考える人達です。

一見大いに正しい様に思えます。

第二に、公益優先派です。公益こそが何よりも重視されるべきと考える人々で、民意の反映が必ずしも公益の向上に繋がるわけではないという考えです。

米国の二大政党に通じるものがあるかもしれません。前者が民主党、後者が共和党です。

 

 

実際問題としてこの二つに分けることは不可能で、そうはいかないのも現実です。

今一度レスプブリカというものを考えてみるときではないでしょうか。

オリエントより遥かに遅れた古代ローマアテネといった蛮族ですら今の日本人からしてみれば思慮深く見えることも仕方がないことです。

どちらが良いというわけではなくバランスが重要です。しかし現代日本は民意優先、行き過ぎた合理主義によりバランスが崩壊していると言わざるを得ない状況に思えます。

 

 

米国がグローバルスタンダードであるかの如く無知な連中が声を揃えて海外の価値観の崇高さを声高々に熱弁しますが、それこそ地域に根付いた価値観というものをまるきり無視して全く多様性を軽んじていて、足を引っ張ることしか出来ぬ能無しと言わざるを得ません。

そもそも建国間もない、熟慮もされていない様な浅い文化しか持たない国がスタンダードを自称する事がおこがましいです。

欧州の人間も同様のことを考えているでしょう。

彼らもまた新参者ではありますが。。。

 

 

勿論他国の価値観で優れた部分を取り入れる事は重要です。しかし何でもかんでも見習えといった声だけは大きいまともに教育も受けていない愚か者のせいで野蛮な風習を取り入れ、固有の文化や価値観が失われているのは大変嘆かわしい事です。

 

 

民意を最重視すべきではないことは、ナチスの例が代表する様に様々な歴史により証明されています。

 

 

歴史には度々先見性に富む人物が生まれます。先見性に富むがゆえ、何をすべきかは理解できる。しかし認識しただけではただの知識人です。

理解したことを強烈に押し進めるには、権力が必要です。マキャベリも「武器を持たぬ預言者は自滅する」と言っています。

こうした革新的な人物が生まれようとも現代はこうした人物が、改革を行う為の構造がそもそも存在しません。仲間を集めて議席を取るという手段もありますが、多くの場合人間は愚かなので、またそういった愚かな人間ほど保守的(ここでいう保守的は古いものに意味もなく固執する意味)なので、大胆な改革など不可能に近いでしょう。

結果、毒にも薬にもならない様な平凡な人間が国政を動かすことになるのです。

そしてカッサンドラの様にジリ貧になっていくのです。

この点について考え続ける事が大切です。

 

 

 

日本人に足りぬものとして、愛国心が挙げられると思います。外国礼賛主義者たちも、この点を見習えと叫ばぬあたりおかしなものです。なぜなら多くの国で、自分の生まれた国を愛するのは当然だからです。まぁこうした頓珍漢な輩は単純に日本社会からあぶれた自分を正当化するために日本という括りで非難する事で自己防衛しているのかもしれませんが。また日本人ではないのかもしれませんが、、、

 

 

日本なんて豊かで、はっきり言うと、ぬるま湯としか言えない国で通用しない人間は他国に移住しても足を引っ張るだけだと思いますが、未だに移住すれば世界や自分が変わると信じて疑わない人間の多いことに日本が如何にガラパゴスかを知る事ができます。

 

 

そうした誤った思想を持たぬために学生のうちに留学の一つや二つは行くべきです。

旅行でも良いので家から出て現実を知って欲しいです。駐在人、正規留学者からしたら全くもって恥ずべき存在で、現地人からしても目障りなワーキングホリデー如き下等な手段でも出ないよりはマシです。

 

 

 

グローバルという名の世界の均一化の推奨。何か絶対的に正しい価値観があるのではないかという思い込み。こうした幼稚な考えは小学生のうちに卒業してもらいたいものです。。。